キャリアは自分でつくれ

ビジネス書

 
著者
藤江俊彦 著
定価
本体1,600円+税
判型
四六判 295頁
初版発行
2005年2月14日
ISBN
978-4-88916-3872

自分の生涯設計や職業人生を、まるごと勤め先に任せ、依存するのではなく、転職や独立起業の選択肢も含めて、主体的に計画を練り、スキルアップして実践するのが「キャリアデザイン」です。本書は、主にミドル層のビジネスパースンや団体職員が、現実に直面したキャリアリスクを乗り越えた貴重な体験を紹介しながら、キャリアを主体的にデザインするヒントをまとめています。

購入する 戻る

目 次

  • はじめに:キャリアは自分でデザインする。
  • 第一章 「個人が主役」の時代が到来
    • 「会社人間」から「生活者市民」へ
    • ポストモダンへの進化とキャリアデザイン
    • 自分を主体とした生活者起点の発想
  • 第二章 いまの職場で「主役」的に働き、活路を拓く
    • 顧客対応のネットコミュニティを成功させた共伸技研の営業部員
    • 全体を見渡す目を持ち、言うべきことは言う、元駅員
  • 第三章 勤めながら社外でキャリアを積む生き方も
    • 副業で利用者の視点に立った翻訳業を始め、独立を実現
    • 生涯学習で、それまでの職歴を全く異なる新しい分野に挑戦
  • 第四章 独立への夢を実現する道の多様性
    • 40代でウェブサイト制作を学び、その請負業で独立
    • 50代で小社の営業を退職し、ネットショップを開店
  • 第五章 市民NPOなどで生活することも可能に
    • 中高年などの転職や起業、あるいは業務の受注を支援
  • 第六章 地域社会に貢献する、市民事業に参加する
    • 地域社会のコミュニティビジネスで商店街と地元に貢献
  • 第七章 個人を尊重し、協同する家族のキャリア
    • オフタイムの活動は家族が舞台に
  • 第八章 これからは「やり直し」で再生できる
    • 「やり直し」できる社会制度が必要
  • 第九章 対談:川俣三智彦氏(ツカサグループ代表)×藤江俊彦
    福井有氏(大手前学園副理事長)×藤江俊彦