コンピテンシー評価と能力開発の実務

ビジネス書

 
著者
高木史朗 著
ニッコンアセスメントセンター 編
定価
本体2,200円+税
判型
A5版 上製 234頁
初版発行
2004年8月25日
ISBN
4-88916-375-1

「成果主義人事というマクロトレンドのなかにあって、企業が人材マネジメントと能力開発の実務を成功に導くためには、コンピテンシーを含めた新しい「能力論」と「能力開発理論」がバックボーンとして求められることは間違いないだろう。・・・・・・」(「はじめに」より抜粋)

戻る

(現在在庫切れのため注文できません)


目 次

  • 第1章 成果主義人事時代の能力開発
    • @機能不全に陥りつつある人材マネジメント
    • A能力開発機能の回復をどう図るか
    • B「コア能力」とは何か
    • C能力を考える
    • Dコンピテンシーの活用状況と今後の課題
    • Eこれからのコンピテンシーアセスメントモデル
  • 第2章 人材アセスメントの考え方
    • @「評価する」ということ
    • A「思考する能力」と「行為する能力」
    • B人材アセスメントの方式とツール
  • 第3章 コンピテンシーを強化するということ
    • @コンピテンシーが先かコア能力が先か
    • Aコンピテンシーの強化を促進する条件
    • Bアセスメントスタッフ・能力アドバイザーが知っておくべきこと
  • 第4章 コンピテンシーとコア能力の開発強化プランの展開
    • @OJTとOff-JTをどう使い分けていくか
    • Aセンターアセスメントのデータに基づくコア能力強化プラン
    • Bフィールドアセスメントのデータに基づくコンピテンシー強化プラン
    • Cコア能力/コンピテンシーの発揮に影響与える要因
  • 第5章 これからの能力開発トレーニングのあり方
    • @人材マネジメントのニーズ
    • A能力開発トレーニングの課題と対応
    • B能力開発・教育訓練の展開に際して