経営・人事革新のための 成果重視の年俸制度

ビジネス書

 
著者
池川 勝
定価
本体1,845円+税
判型
A5判 並製 168頁
初版発行
1996年10月4日
ISBN
978-4-88916-258-5

成果重視の年俸制度は、能力主義的賃金制度への転換に際して、重要な役割を果たし、またそのための大切な手段になってきている導入企業では、年俸制度の運用により、対象層の意識変革や経営者意識の醸成、業績・成果達成に対し賃金管理面から強いインセンティブをかけることをねらいとしている。

購入する 戻る

目 次

  • 第T章 年偉制度導入の背景
    1. 人事管理上の課題
    2. 日本的雇用慣行の変革
    3. 年俸制度導入の背景
    4. 年俸制度の導入状況
  • 第U章 年俸制度導入のねらい
    1. 導入企業増加の要因
    2. 年俸制度の意義と目的
    3. 年俸制度の特徴
  • 第V章 年俸制度の設計の概要
    1. 1.設計上の基本方向
    2. 年俸制方式の種類
    3. 年俸制度の適用対象
    4. 年俸制度の仕組みづくりのステップ
  • 第W章 年俸制度設計の実際
    1. 制度設計の組織編成とスケジュール化
    2. 導入目的の明確化
    3. 導入対象職位の設定
    4. どのような年俸制方式をとるのか
    5. 年俸の支給方法の検討・決定
    6. 年俸構成の検討・決定
    7. 現行賃金制度の実態分析、課題設定
    8. 対象層の現行年俸額の分析
    9. 年俸額の基準設定
    10. 評価結果と昇給・減給のシステム化
    11. 人事考課制度の設計
    12. 年俸制度の運用基準の設計
  • 第X章 退職金制度の見直し
    1. 見直し・改訂の必要性と方向
    2. 見直し・改訂の実際
  • 第Y章 年俸制度の運用
    1. 運用上の留意事項
    2. 運用上の諸問題