造注営業のための税務入門

建設業ポケット実務 4

 
著者
熊倉 英次郎
定価
本体1,000円+税
判型
新書判 並製 160頁
初版発行
1990年10月15日
ISBN
978-4-88916-134-2

昨今、書店で建設業界や不動産業界に関して良く見かけるようになったが、その中から営業関係の書物を探すと必ずしも多いとは言えません。営業マンが営業の最前線で、見込み客にアプローチするとき、実際に役立つ本はほとんどありません。特に中堅の総合建設の営業マン向けは見かけません。そんな建設営業マンのために贈る1冊!

購入する 戻る

目 次

  • 第1章 造注営業
    1. 総合建設会社の営業活動の変遷
    2. 特命工事は特ダネ情報から
    3. 受注の時点で儲けが決まる
    4. 税務対策を活用する
    5. 新借地法を利用しよう
  • 第2章 不動産の税務対策
    1. 特定資産の買い換え
    2. 等価交換
    3. 地主の土地の査定法
  • 第3章 相続税対策
    1. 営業マンは『時の氏神』
    2. 相続税算出の仕組み
    3. 路線価土地の相続税評価額)
    4. 延納制度を利用する
    5. 相続税の節税法に歯止め措置
    6. 相続開始前3年以内は時価評価
    7. 住宅資金の贈与税
  • 第4章 土地の有効活用
    1. 立地条件の把握
    2. 有望業種の選定
    3. 有望事業の把握
  • 第5章 総合演習と税金の知識
    1. アパート経営をお勧めする
    2. 不動産を所有している時の税金
    3. 不動産を売却した時にかかる税金(資料集)