ISO内部監査員育成読本 最新改訂版

建設業

ISO内部監査員育成読本 最新改訂版  
著者
成宮敬也
(日本コンサルタントグループ建設産業システム研究所)
定価
本体3,300円+税
判型
B5判・並製・342頁
初版発行
2001年6月24日
ISBN
978-4-88916-353-0

「品質」「原価」「工期・納期」「環境」に対応した経営管理の実践を目指して、独自のより効果的な内部監査員の教育・育成の手法を公開
本書は、企業がISO9001:2000を既に導入しており更にIS014001も導入し、「品質/環境統合マネジメントシステム(Quality Environmental integration management system)を構築し、組織のムダを可能な限り排しながら、より良い経営管理を達成するツールとして内部監査を実施することを念頭において構成している.なお、国際規格として2002年10月1日に発行された「ISO19011:2002 Guidelines for quality and or environmental management systems(品質及び/又は環境マネジメントシステム監査のための指針)に準拠させている。ISOのマネジメントシステムの導入に伴って実施される内部監査は、正に企業自らの自立及び自律を求められる。各社が自律して、自前の内部監査員育成を実施され、なおかつ前向きな意味での自律された内部監査を実施されるために、本書の一部でも参考になれば、それに勝る喜びはないと考えている。

購入する 戻る

目 次

  • 第1章 内部監査の考え方
    • 監査の目的・種類
    • 内部監査貞に求められる監査システム
    • 内部監査の視点
  • 第2章 品質/環境マネジメントシステム監査の基本
    • 「ISO19011:2002」に見る監査の留意点
    • 監査の計画策定
    • 監査の実施−「監査のスタート」について
    • 監査の実施−「調査」について
    • 監査の実施−「調査文書の作成」について
  • 第3章 内部監査チェックリストの作成
    • チェックリスト作成の意味
    • 品質マネジメントシステムの理解
    • 品質マネジメントシステムの理解に基づく「QMS監査チェックリストの質問項目作成」
    • 環境マネジメントシステムの理解
    • 環境マネジメントシステムの理解に基づく「EMS監査チェックリストの質問項目作成」
    • チェックリスト作成の実務
    • チェックリストのサンプル(QMS監査用/EMS監査用)
  • 第4章 自社の「品質・環境統合マネジメントシステム」に基づいた「内部監査員教育」の進め方
    • 自社の品質/環境マニュアルによる体験学習コースの計画
    • マネジメントシステム認証取得までの内部監査
    • 統合マネジメントシステムー「品質/環境マニュアル」の例
    • ISO19011:2002に準拠した、品質/環境マネジメントシステムの「内部監査規定」の例
    • 品質/環境マネジメントシステム推進のための「マネジメントレビュー(経営層による手直し)手順」−例
    • 自社独自の内部監査教育における「内部監査貝養成」
    • 自社独自の内部監査貝資格認定の判定基準