中小建設業のためのISO9001導入読本

建設業

中小建設業のためのISP9001導入読本  
著者
志村 満
(日本コンサルタントグループ建設産業システム研究所)
定価
本体3,200円+税
判型
B5並 302頁
初版発行
2001年3月16日
ISBN
978-4-88916-324-7

ISO9001規格は1987年に制定され、5年を目安に見直しが行われている。2000年版の規格改訂のキーワードは次の3つに集約される。
 1.顧客満足の向上を目指す
 2.継続的改善を行う
 3.プロセスアプローチの思考をする
本著は2000年対応の規格に沿った解説と方向付けをする。

購入する 戻る

目 次

  • 第1章 lSO9001の概要
    1. lSOとはグローバルスタンダード・国際規格のこと
    2. マネジメントシステム規格が審査される
    3. 標準化と継続的改善の仕組
    4. トップダウンのマネジメントシステム
    5. ISO9001のメリット
    6. lSO9000ファミリー規格の構成
    7. 品質マネジメントシステムのフロー図
    8. lSO審査登録の仕組
    9. 1SO9000s2000年改正に係る移行方針
    10. 品質マネジメントシステムのモデル
    11. 3つのキーワード
  • 第2章 ISO導入への手順
    1. ISO導入時に明確にしておくこと
    2. ISO推進体制づくり
    3. スケジュールの立て方
    4. 社員の育成計画
    5. 現状の把握
    6. 品質マネジメントシステム文書の作成
    7. 品質マニュアルの作成
    8. 規定の作成
    9. 記録用帳票の作成
    10. 品質マネジメントシステムの文書化の管理
    11. 品質マネジメントシステムの文書説明会
    12. 品質マネジメントシステムのスタート前の準備
    13. 品質マネジメントシステムのトライアルスタート
    14. 品質マネジメントシステムスタート後の指導
    15. 内部品質監査の事前準備
    16. 内部品質監査の実施
    17. マネジメントレビューのあり方
    18. 予備審査
    19. 登録審査
    20. サーベランス(定期審査)
  • 第3章 ISO要求事項〜建設業での具体的理解〜
    1. ISO規格要求事項を理解する
    2. 適用範囲、引用規格、定義
    3. 品質マネジメントシステム−@ 一般要求事項
    4. 品質マネジメントシステム−A 文書化に関する要求事項
    5. 経営者の責任−@経営者のコミットメント
    6. 経営者の責任−A顧客重視
    7. 経営者の責任−B品質方針
    8. 経営者の責任−C計画
    9. 経営者の責任−D責任、権限及びコミュニケーション
    10. 経営者の責任−Eマネジメントレビュー
    11. 資源の運用管理−資源の提供
    12. 製品実現−@製品実現の計画
    13. 製品実現−A顧客関連のプロセス
    14. 製品実現−B設計・開発
    15. 製品実現−C購買
    16. 製品実現−D製造及びサービス提供
    17. 製品実現−E監視機器及び測定機器の管理
    18. 測定、分析及び改善−@一般
    19. 測定、分析及び改善−A監視及び測定
    20. 測定、分析及び改善−B不適合製品の管理
    21. 測定、分析及び改善−Cデータの分析
    22. 測定、分析及び改善−D改善
  • 第4章 「品質マニュアル(参考版)」の完成サンプル
    1. 品質マニュアルの作成について
    2. 品質マニュアルの完成サンプル