地ビールで夢づくり

飲食業・流通小売

 
著者
石渡 馨
(日本コンサルタントグループ食品・サービス研究所)
定価
本体4,000円+税
判型
A5判 上製 178頁
初版発行
1997年2月1日
ISBN
978-4-88916-265-3

本書でば、私どもの「地ビール研究部会」で実施しております情報交換の成果や、各種の交流会・展示会等でお受けした相談事項などを下敷きにして、これから地ビールを起業しようとする方々、すでに開業したけれどもより充実した運営のノウハウを知りたいという方々に、最低限ふまえていただきたい実務的な知識をまとめました。

戻る

(現在在庫切れのため注文できません)


目 次

  • 第1章 地ビールビジネスの夜明け
    • 1)地ビール解禁から今日まで
    • 2)人びとの共感を呼ぶ地ビール
    • 3)地ビールビジネス起業の動き
  • 第2章 地域活性化と地ビール
    • 1)地域の夢と地ビール
    • 2)通過型から体験型・滞在型へ
  • 第3章〉地ビール開業の準備
    • 1)基本スケジュール
    • 2)事業発意から施設開業まで
    • 3)基本計画策定の着眼点
    • 4)醸造技術の導入と技術者育成
    • 5)製造免許取得の流れ
    • 6)起業を助ける専門家
  • 第4章〉ビール製造免許と法的規制
    • 1)ビール製造免許のとらえ方
    • 2)施設建設にかかる規制条件
  • 第5章 ビール製造の基本知識
    • 1)ビールスタイルと地ビール
    • 2)ビールの原材料
  • 第6章 醸造プラント選定の考え方
    • 1)プラントの構成と購入の実務
    • 2)プラントの設置環境
  • 第7章 地ビールと関連商品の開発
    • 1)オリジナルなビールづくり
    • 2)ビール容器選定のしかた
    • 3)ラベル表示への提案
    • 4)ビールに合う調理メニュー
    • 5)関連グッズは重要アイテム
  • 第8章 地ビールとレストラン開発
    • 1)地ビールの販売方法
    • 2)地ビールの個性を演出する
    • 3)ビールの商品価値
    • 4)サーバ−と二次容器の知識
  • 第9章 地ビール施設と開業資金
    • 1)施設デザインの考え方
    • 2)開業経費と運営経費
    • 3)ビールの原価計算
    • 4)パプブルワリーの要員構成
    • 5)減価償却について
    • 6)仮設モデルの事業収支
  • 終章 BCP推進協議会について
    • うんちく話
      • 1)ビールの歴史と主要国の概況
      • 2)代表的なビ−ルの種類
      • 3)実味しいビ−ルをつくるために
      • 4)ビール醸造装置を選ぶ視点
      • 5)地ビールを生かす雰囲気づくり